モデルX-Rayを使ってモデルの中身を解釈する

今回はDataRobotの強力な機能の一つであるモデル X-Rayについてご紹介したいと思います。DataRobotはモデルを解釈するための様々な機能を有していますが、モデルX-Rayを使うことでその名の通り、各特徴量がターゲットに対してどのような影響を及ぼしているか、そのモデルの予測値と実測値の関係がどうなっているのか、その中身を見通すことができます。

マーケティングにおける機械学習の活用:B2Bマーケティング

様々な業界においてDataRobotを導入されていますが、最初に活用される事が多い場面がマーケティングです。大きなシステム変更などが必要でない場合が多く、検証も比較的容易く行えるため先ずマーケティングで活用した後に、本業のコアな部分でも適用するといったお客様が多く見られます。本稿ではB2Bマーケティングにおける機械学習の活用事例を紹介します。

v4.0新機能 多値分類と異常検知が登場

DataRobotのv4.0がリリースされ、新たな新機能がたくさん追加されました。その中でも特に大きなアップデートとして多値分類問題への対応と異常検知問題にDataRobotが対応できるようになりました。本稿では、新機能である多値分類問題と異常検知問題がそもそもどういったユースケースで使えるものであるかについて説明し、DataRobotでどのような機能として実装されたかについて紹介していきます。

1 2 3